ベルタマザークリーム メリット

ベルタマザークリームのメリットとは?使って良かった!

 

 

 

私は妊娠中にベルタマザークリームを愛用して本当に良かったと思っています。

 

どんなメリットがあるの?ということについてお話していきますね。

 

妊娠線予防クリームランキングではどのサイトも1位になっているベルタマザークリームですが、メリットがなければ当然買いませんよね。

 

愛用したことでどのような良いことがあったのか?詳しく説明されているサイトはあまりなかったので、実体験を元にメリットをお伝えします。

 

 

ベルタマザークリームの使って良かったところ

 

 

 

妊娠線が予防できたこと

 

ベルタマザークリームは妊娠線予防に使ったので、単純に出産するまで間に「妊娠線ができなくて良かった」ことです。
ネットの情報や口コミを総評すると約9割以上の方が妊娠線を予防できているとのことです。

 

一度お腹に妊娠線が出来てしまうと完全に消すことは難しいです。

 

自宅ケアではまず無理と言われています。

 

だから一生ものの傷となってしまう前に予防することが重要になってきます。

 

 

妊娠線は子供が出来た勲章だからあって当たり前だ!

 

という方はその通りだと私も思います。

 

でも、女性である以上は体に傷となるものは残したくありませんよね。

 

場合によってはとってもひどくなることもあるので、ママになってもキレイな体を保ちたいのであれば必須アイテムだと今でも思っています。

 

子供を産んでも妊娠線ができなかったことは何よりのメリットでした。

 

 

 

 

妊娠中限定なのでコストが抑えられる

 

一般的に化粧品やボディクリームは今後もずっと使っていくものですよね。
高品質な化粧品の場合は毎月の出費がずっと続くことになります。

 

効果の高いとされる化粧品は当然ながら値段も高いのでなかなか続けにくいのが現状です。
月5000円の出費が毎月続けくとなると、私はかなり痛手です。

 

それに比べてベルタマザークリームの良いところは「妊娠中しか愛用しない」ということです。

 

例えば妊娠3か月目から使うと、出産までは大よそ7ヶ月しかありませよね。

 

妊娠線を予防する為だけに使うとするなら、コストは妊娠中だけと決まっていますので知れたものです。

 

 

無添加なので安心して使える

 

妊娠してから体質が変わったという方も珍しくありません。
今までボディクリームなどで肌荒れをしたことがない方でも、低品質なものに過剰に反応してしまうことがよくあります。

 

そういったことを考えるとやっぱり無添加は安心できます。

 

赤ちゃんがお腹の中にいることを考えれば化学成分がたくさん入っているものですよね。

 

ボディクリームで胎盤まで悪影響はあるはずがないのですが、気持ち的にも無添加の方が安心です。

 

 

市販のものよりずっと効果的

 

私はドラックストアなどで妊娠線予防クリームを見たことがありません。

 

というかなかなか販売されていませんよね。

 

中にはボディクリームで代用されている方もいるようですが、妊娠線が予防できる確率はやっぱり落ちてしまうようです。

 

しっかりと妊娠線を予防したいのであれば、ベルタマザークリームのような専門のクリームには敵いません。

 

 

まとめ

 

 

ベルタマザークリームの口コミを見ても分かるのですが、多くの方は妊娠線を予防することに成功されています。
後で後悔しないように妊娠中からしっかり予防しておくことが今後もキレイな体を保ち続ける秘訣です。

 

コストに関しても妊娠中だけということならそう痛くはないでしょう。
平均して半年愛用してもコストは全部で25,400円です。

 

出産が終われば即解約なのでそれ以上のお金は必要なくなります。妊娠線が予防できるなら安い投資ではないでしょうか。

 

デリケート肌で添加物などに弱い方もベルタマザークリームなら無添加なので安心です。